しばっこランド

旬な話題から知っておくと役立つ話題まで色々まとめブログ

スポンサーリンク

川辺二日市の開催日と場所・アクセスと駐車場は?混雑具合とイベントまとめ

230年続く、「川辺二日市」の開催日と開催場所、
アクセスや駐車場情報、混雑具合とイベント情報をご案内します。

南九州市に春を告げる伝統的な市場です。

川辺二日市の開催日

2019年は2月2日(第1土曜日)と3日(日曜日)の予定

詳細は鹿児島県のHPでご確認ください

https://www.pref.kagoshima.jp/al01/event/nannsatu/300203-0204nannsatsu.html

開催場所

鹿児島県南九州市川辺町平山のメインストリート一帯

アクセスは?

電車だとバスに乗り換えないと行けないので、車で行くのが便利です。

アクセス(公共交通):JR鹿児島中央駅→バス1時間、
           バス停:広瀬橋下車、徒歩すぐ

アクセス(車):指宿スカイライン川辺ICから国道225号経由8km10分

駐車場はある?車で行ける?

あり/2500台/無料

近くの公園や道路脇を臨時駐車場にしています。
(会場から離れていますが、臨時駐車場からは送迎バスが出ています)

いつもの混雑状況は?

両日合わせておよそ15万人程度です。

天候にもよりますが、かなり混み合います。

メインストリートを歩行者天国にしているので道幅は広いです。
朝はやくは人も少ないのでベビーカーなどが通る事ができます。

川辺二日市の楽しみ方・イベント

伝統ある市!

県内「三大市」の一つに数えられる
二日市は230年ほど続く、南九州市では伝統ある市です。

二日市自体は南九州市では知覧と
川辺の二ヶ所で開催されますが、

二日市といえば川辺と言われるほど圧倒的に規模の大きい市です。

江戸時代に周囲の農民たちが竹細工や
わら細工のものを持ち寄ったのが始まりと言われています。

たくさんのイベント!

川辺の二日市で有名なのが「チンドン行列」です。

1日数回チンドン行列と入れる一行が
太鼓などを鳴らしながら長い市を歩いて行きます。

また「バナナの叩き売り」や「猿回し」なども有名です。

そのほか楽市楽座や別会場では
伝統工芸品川辺仏壇展示即売会なども行われています。

楽市楽座では餅つき会や川辺牛の
無料試食会などを行なって多くの方に
川辺の良さを知ってもらおうとしています。

さまざまな出店

1~3キロの川辺のメインストリートに
約400店舗の出店が出店しています。

お祭りでよく見かける食べ物の出店はもちろん、
地元のお肉、お魚屋さんやお餅屋さんなども
出店していて人気店には長蛇の列ができます。

そのほか金物店や川辺の特産品でもある仏壇用品、
川辺焼の食器などのお店も出店していて、
全てのお店を一日では見きれないほどです。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか。

南薩摩で春を告げる伝統ある風物詩と言われている二日市。

老若男女問わず大勢の方が毎年足を運んでいます。

我が家では毎年親戚一同が集まって、
この二日市に行くのが恒例になっています。

ぜひ気になる方は一度行ってみてください。