しばっこランド

旬な話題から知っておくと役立つ話題まで色々まとめブログ

スポンサーリンク

天領日田おひなまつり2019

大分県日田市で行われる、「天領日田おひなまつり」をご案内します。

開催日時

2月中旬〜3月下旬ごろまで
展示時間は場所によって違います。

開催場所

大分県日田市の豆田町や隈町、天ヶ瀬町の資料館や旧家などで行われます。

混雑具合

おひなまつりの期間中は混み合いますが、おまつりの期間が1ヶ月半ほどあるので、毎日多いわけではありません。
3月3日前後の土日は混み合いますが、平日などはそれほど混み合うことはありません。

行かれるなら平日が空いていますよ!豆田町は小京都と呼ばれており、小さな町の中に色んなお店や資料館などがたくさんありますので、

長い距離を歩かなくても大丈夫ですし、歩き疲れたら休憩できるスペースもありますので、お年寄りや小さな子ども連れでも楽しめると思います。

豆田町の道は狭い道なので、車は地元の人たちの車くらいしか通りません。
観光客の皆さんは安心して歩いて観光することができます。

▪️アクセス

日田市までは電車や高速バスなどでも行けますが、駅から豆田町までは少し距離がありますので、車で行った方が良いと思います。

豆田町周辺には駐車場もあるので、車を停めて豆田町の街並みを歩いて散策して楽しむのがおススメです。

近隣の駐車場

天領日田おひなまつりの期間中の混雑時には、臨時駐車場が用意されます。駐車料金もかからず、駐車場から歩いて豆田町まで行っても十分近いです。臨時駐車場も結構広いので、安心して停めることができると思います。

天領日田おひなまつりの見所、楽しみ方

天領日田おひなまつりは、日田市内の資料館や旧家などにたくさん保管されているおひなさまを見学することができます。

おひなさまは場所ごとにいろいろな種類のものがあり、全国各地で集められた貴重なおひなさまが展示されます。

おひなまつりは日田市内の20箇所ほどで行われていますが、豆田町の「草野本家」のおひなさまが一番有名です。

「草野本家」は、国の重要文化財に指定されています。ここ「草野本家」で保管されていた貴重なおひなさまを公開されたことが、天領日田おひなまつりのはじまりと言われているようです。江戸時代から大事に保管されてきた貴重なおひなさまを見ることができます。

入場料がかかる場所もあります。色んな場所で展示されていますので、それぞれの場所でお気に入りのおひなさまを見つけながら観光すると楽しいですよ!

また、豆田町の街並みも素晴らしいものです。まるで京都のような街並みで、日田杉で作られた下駄など、日田市の特産物を売っています。

おせんべいやようかん、おまんじゅうなども売っていますので、食べ歩きするのもおススメです。

まとめ

おひなまつりは一般的には女の子のおまつりと言われていますが、日田市ではみんなのおまつりです。老若男女問わず楽しめます。また、3月になると気温もだんだんと暖かくなる季節になるので、外での観光も気持ちいいですよ。

大昔から大切にされてきたおひなさまを見ながら、ステキな街並みをゆっくり散策されてみてはいかがでしょうか?

きっとお気に入りのおひなさまを見つけることができるはずです。
ガラスでできた小さなおひなさまなどをお土産店で売っていますので、自分用やお土産用で記念に購入するのもいいですね!いかがでしたでしょうか?

大分県日田市で春に開催される「天領日田おひなまつり」についてお伝えしました。
春に開催されるおまつりは全国的にはそんなに多くないと思います。

だんだんと暖かくなってくるこの季節に、ぜひ大分県まで遊びにきてみてはいかがでしょうか?

近くにはテレビでもよく紹介される、「日田焼きそば」を食べれるお店もあります。
1日中楽しめますので、ぜひお越しください!