しばっこランド

旬な話題から知っておくと役立つ話題まで色々まとめブログ

スポンサーリンク

二条城まつり2018の開催日と混雑具合、アクセスと駐車場はどう?特徴・イベントまとめ

 世界遺産の「二条城」で夜間特別公開や、市民大茶会、京の名産品展など、さまざまなイベントが開催されています。

開催日(スケジュール)と場所

9月28日~12月9日頃まで開催されます。
場所はユネスコ世界遺産に登録されている二条城
(住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541)

※ 各イベントによって、期間が違います。詳細はHPでご確認を!

→ ttps://www.leafkyoto.net/post_event/201809/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E5%9F%8E%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A2018/

混雑具合

土日はかなりの混雑あり。市民大茶会などの特別イベント開催の際もかなりの混雑あり。

アクセスは?車で行ける?

ユネスコ世界遺産に登録されており、オマケに京都市中心部からも近く、アクセス抜群です。鉄道なら、京都駅からなら、地下鉄烏丸線に乗り、烏丸御池東西線に乗り換えで15分程度で「二条城前駅」に到着出来ます。

また、京都駅から市バス(北野天満宮立命館大学行きや上賀茂神社行きなど堀川通経由バス)もかなり頻繁に運行されているのでとても便利です。

とにかく公共交通機関を利用しての来場が絶対おすすめです。

あと、観光シーズンは二条城付近の道路はかなりの渋滞しており、オマケに昨今のインバウンド客の観光バスがかなり多く、ホントイライラしますので、クルマでお越しの際は事故しないように気をつけて来場して下さい。

近隣の駐車場の案内(臨時駐車場やタイムズなど)

仕方なくクルマで来場する場合、二条城には駐車場はかなりたくさん用意されています。駐車場の料金も二時間で1000円程度なのでリーズナブルな料金で設定されています。そのため、170台程度しか乗用車の駐車場がありません。

ちなみに、二条城周りにはコインパーキングもたくさんあり、駐車場探しにそこまで困ることはありません。しかし、二条城周辺では観光シーズンになると特別料金を設定しているコインパーキングが多くあり、かなり高い金額を設定しているコインパーキングもあります。

それも特別料金と小さく看板に書いてあったりしますので、支払いの際に特別料金と気づいてびっくりすることもありますので、気をつけて下さい。

お祭りイベントの特徴や見どころ

二条城の二の丸御殿内及び二の丸庭園を音と光で演出する「二の丸御殿夜間特別公開」があり、日頃観ることが出来ない夜間の二条城をゆっくり楽しめます。

二条城の入口でのプロジェクションマッピング、庭園のライトアップ、出口の近くの壁面のプロジェクションマッピングが内容で、それほど大きな規模ではなかったですが、大政奉還のダイナミックな時代の流れを表現した映像で見入ってしまうこと間違いなしです。同時に二条城公式ガイドによる夜間限定ナイトツアーがあり、夜間の特別バージョンでのツアーを楽しめます。

また、「二条城障壁画 展示収蔵館」において、原画公開第3期「煌めく秋草~〈黒書院〉菊の間の障壁画~」が開催され、10月20日(10時と14時)には学芸員による詳細の説明やギャラリートークが予定されており、気軽に聞くことも出来るそうです。

同じ10月20日には、二条城パンまつりも同時に開催されており、二条城から岡崎周辺のパン屋さんが集結し、美味しいパンを食べることが出来ます。

また、清流園では「市民大茶会」(10月27日、11月1日・3日)が開催され、裏千家表千家・藪内家の各流派による茶会を楽しめます。二条城の魅力を存分に感じることが出来るようになっています。

まとめ

いかがでしたか?毎年盛大に開催されている二条城まつりにはいろいろな出店もあり、その中でも「京の老舗名産品展」というのがあり、京都の老舗店舗の酒造会社などが出店しており、お土産にピッタリです。

この記事では、ユネスコ世界遺産に登録されている普段の二条城とはまた違った形で楽しむことが出来る、二条城まつり2018祭りの内容や魅力をお伝えしました。なかなか京都に行けない方などに是非とも行って頂きたいです。